パソコン内でお金のやり取りが安心

法人向けパソコンは会社のアタッシュケース

「ここにある1億円の現金を今から新幹線で3駅離れた場所まで運んでください。」あなたはそう言われたら、どうやって現金を運びますか?私なら、アタッシュケースに入れて、しっかりとロックされていることを確認し、抱きかかえながら新幹線の最後部に座るでしょう。現実ではお金を一瞬で遠隔地に運ぶことのできる、ネットバンキングというシステムがありますから、そんな心配は不要です。リアルマネーを手にすることなく多額の金銭授受が可能です。 法人勤務されている方は1億円に近しい金額をやりとりする方も少なくないと思います。ご存知の通り、ネットバンキングの作業を行うのはパソコンですよね。つまり、パソコンは法人におけるアタッシュケースの役割を担っているのです。

貴方の会社のアタッシュケース(PC)、セキュリティは万全?

大金をワンクリックで指定先へ運ぶことのできるPCですが、昨今はそれを狙ったフィッシング詐欺やワンクリック詐欺が非常に増えています。家電量販店やネット通販でも購入が可能なパソコンですが、それらの脅威を鑑みますと、余程パソコンに精通している方でない限り、企業での使用ではお勧めできません。企業で使用するパソコンとなれば、セキュリティ面も考慮された法人向けパソコンの購入がベターです。 なぜなら法人向けパソコンの販売は、パソコンのプロが、クライアント企業の環境を考慮し、適切なセキュリティソフトとセットで販売するケースがほとんどだからです。ネットワークの環境によっては、複数の脅威からネットワーク全体を守る、総合脅威アプライアンス(UTM)をセットで提案されるケースも多いです。便利な時代だからこそ、万全なセキュリティに守られた法人向けのパソコンを使うことが、企業存続の基本となるでしょう。