最新のエクセルやワードが使える

オフィスソフトは最新のものを使える

社員に使用してもらうパソコンにはオフィスソフトが入っていないと仕事にならないことが多いでしょう。社内外のやり取りをするときには最新のオフィスソフトが入っていることが大切です。バージョンが古いと取引先から送られてきたファイルを正しく表示できない場合もあり、トラブルを引き起こす原因になってしまう可能性もあります。新しい方が作業効率が上がるようにデザインされている傾向も強く、仕事も捗りやすいでしょう。法人向けパソコンでは最新のオフィスソフトを使えるのが一般的です。社員の誰もが最新で同じバージョンのものを使う形を整えられるので、社員間でもデータのやり取りでトラブルが起こる心配がなくなるのもメリットでしょう。

プリインストールでサポートも充実

パソコンが家庭にも普及して使い慣れている人が増えているとはいえ、社員の誰もが簡単に使えるとは限りません。法人向けパソコンではオフィスソフトがプリインストールになっていて、納品されたらすぐにそのまま使えるようになっています。業者によっては細かな設定まで全て終わらせておいてくれるので、社員は特に難しい作業をする必要なくすぐに仕事を始めることが可能です。また、法人向けパソコンを提供している業者からのサポートも受けられることが多く、トラブルシューティングも気軽にしてもらえます。動作不良があった時には修理に来てもらえるサービスもあるため、オフィスソフトを使っていて困ったことがあってもすぐに解決できるでしょう。